リベット化の背景

•制御盤、配電盤、通信筐体などの大型のラックは、一般的にアーク溶接工法が主流である。
•近年は、溶接工の不足・環境問題などの社会的背景、また非正社員の組立作業で作業工賃の削減を目的とし高強度リベット化する。
•溶接並みの強度があるリベットで、その日に派遣された非正社員でも簡単に締結できるため環境問題・作業コストダウンに貢献できる。

溶接工法とリベット工法

溶接工法の問題点
・溶接工による作業(有資格者の確保、及び教育必要)
・防護服・マスクなど必要
・溶接後の歪みなおしが必要
・グラインダー仕上げが必要(スパッター除去)
・溶接工程と組み立て工程が別になる
・作業環境の悪化

リベット工法のメリット
・非正社員での簡単な作業
・組み立て工程での作業 リベット締結のみ
・エアーツールに挿入し、トリガーを引くだけ

リベット化の背景

リベットの強度

リベット化 写真

This website uses cookies and asks your personal data to enhance your browsing experience. We are committed to protecting your privacy and ensuring your data is handled in compliance with the General Data Protection Regulation (GDPR).