代表者挨拶

株式会社クボテック > 代表者挨拶

社員と、地域とともに、成長する。

神奈川県伊勢原市に新工場を構えた理由

当社は創業以来、「半導体製造装置」「社会インフラ用装置」「一般産業用装置」の3分野にバランス良く事業展開することで、経営の安定化を図ってきました。

その中でも近年は、IoTの普及による半導体市場の成長により、半導体製造装置関連の売上が伸びています。

お客様からもさらなる取引拡大のお話をいただいており、地方に新工場を構えることも考えました。

しかし、創業から50年以上続く本社工場に近い伊勢原市に新工場を構えました。理由は、社員が今までどおり働ける場所で成長していきたかったからです。

全員に転居を強いることなく、新しい工場で気持ちよく仕事に臨んでもらいたい。

移転前は、通勤距離の関係で、新工場での勤務を懸念する声も一部でありましたが、ピカピカの新工場を見学して、考えも変わってくれたようで安心しています。

やはり新築の綺麗な職場で働くのはみんな気持ちいいですよね。

今後は好調な半導体製造装置分野の拡大とともに、社会インフラ用、一般作業用にも今まで以上に注力して、より強固な経営基盤づくりを進めていきます。

2017年の1年だけでも従業員は40名以上増加。
今後も、規模、売上ともに拡大を目指します。

しかし、当社の「芯」となるものは変わりません。それは、お客様との約束は必ず守る。
製品の質にこだわる。仕事の質を高める努力をし続ける「モノづくり」への真摯な姿勢です。

私たちの仕事は、100%機械化することができません。
AIの時代になっても、人の手でしかできない仕事、モノづくりへのこだわりがなければ実現できない品質を追求していきます。

当社はそんな昔ながらの「日本のモノづくり」で、最先端のテクノロジーや産業を支えています。

スピードが速い業界ですから、今後はますます、自ら考えて、動くことが必要になるでしょう。

そのための「人づくり」も、新工場の立ち上げとともに強化しています。

新たな人事評価制度を設け、評価基準を全社員に公開することにより「働きやすくなった」と好評です。

今後も社員と、地域とともに、成長して行きたいと思います。

「自ら考えられる人」を育てます。